集客コンサル

口コミを増やす仕組みはツールではなく手間以外ない

口コミマーケティングで必要な顧客が集まる口コミとは?

「これからは口コミ集客と聞いて口コミを集めたいのですが、どうしたらいいですか?」

という相談を受けることが多くなってきました。

口コミ集客に本格的に取り掛かるときに陥りがちなのは、「簡単に集められる方法はないか?」を検討することです。

グーグルで口コミ集客と検索をすれば、口コミツールが出てきます。

インセンティブ(プレゼント)をするから口コミ書いてもらえませんか?という自動送信を中心とした施策です。

効果がないとは言いませんが、口コミの質を考えると微妙です。

インセンティブを受け取るから書く口コミと、本当に店のサービスに感動してその場で書く口コミは別物です。

当社クライアントが口コミ1000件・4.9点突破し、全てのクチコミに「接客時の雰囲気を盛り込んだ返信」をしているため口コミ価値はとてつもなく高いです。

口コミの数を集めることも大切ですし、評価点数を高めることも大切なのですが、クチコミ内容と返信はそれ以上の価値を今後もたらすと思っています。

いわゆる「良いサービスでした」のように短文の口コミは評価されるのではないか?と私は想定しています。

基本的にお客様には150字以上のクチコミ投稿に繋がるように店内や接客の印象をブラッシュアップしています。

口コミは「数×点数×投稿内容」で顧客が集まるかどうかが決まる

口コミを集める際にまず最も重要なのは「数を集める」ことです。

そして、数が集まるオペレーションが確立できてきたら質を向上していきます。

質とは「点数と投稿内容」です。

なぜ数を集めることからスタートする必要があるのか?というと良くも悪くも店舗サービスの評価をお客様が下すことで自分たちの店にはどんなエラーや顧客ストレスがあるのかをリアルに体感することができるからです。

そこから自店舗のエラーや顧客ストレスを一つ一つ潰していきます。

そうすることで顧客にとってストレスのない店に仕上がっていくことで自然と点数と投稿内容が変わっていきます。

ここまで来ると悪い口コミよりも良い口コミが増えるので全クチコミへの返信をしていきます。

比較的どの店舗も(特にGoogleマイビジネス)口コミ集客に力を入れる前は、悪いクチコミが集まり気味です(笑)

たしかに「この店めちゃくちゃ良いよ!」という口コミよりも「この店絶対にいかない!」という感想の方が口コミしやすいですよね。怒りの衝動が引き金となってクチコミ投稿に繋がりやすいです。

こういう背景もあり最初から全クチコミを返信することを課すことでネガティブな口コミにメンタルが崩壊(汗)する可能性があるため薄まった状態で全戸クチコミ返信をしてもらうようにしています。

悪いクチコミがあっても「たくさんのお客様に支持されてるから!」というポジティブな口コミが支えになります(笑)

この手順でぜひ口コミを集めていくことで店舗クオリティは確実に向上します。ぜひ取り組んでみてください。

やり方がわからない、プロにクチコミ運用のサポートをしてもらいたい!という方はぜひ当社にお問い合わせください。お待ちしております。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。