集客コンサル

口コミ集客が今後の店舗ビジネスの柱になる

口コミ集客のコツは「どんな口コミが集まっているか」の統一性が重要

口コミ集客に力を入れたいという集客相談をいただく際に必ず現時点での口コミ内容を確認します。

そして、クライアントに質問をします。

「これらの口コミを見てどんなお客様が集まるのでしょうか?そのお客様は貴社にとって理想的なお客様ですか?」

この質問の意図は、口コミ集客は顧客主導で生まれるものではなく、店舗(会社)側がしっかりと作り込むことができているのかの確認です。

当社の集客コンサルティングで大切にしているのは「口コミの設計」です。

お客様から寄せられる口コミはもちろん自由に書いてもらっているのですが、特定のワードの印象を店内で得られるように売場作りをしています。

例えば、「子連れに優しい」「スタッフが親切」などのワードです。

子連れに優しい→キッズスペース、来店お礼のお菓子プレゼント、通路幅を広く確保、トイレにオムツ台など
スタッフが親切→接客研修による高い質問力、スタッフの人員増で売場に相談員配置など

このようにお客様が店内で過ごす中で何度も「子連れに優しいなぁ」や「スタッフの皆さん親切だなぁ」という感想を得てもらうように作り込んでいます。

このように店内の作り込みをしてお客様の書いてくださる口コミ内容をコントロールします。

口コミワードを設計することで理想のお客様が集まる

口コミ集客で大切なのは「誰」を集めたいのかを明確にすることです。

どんなお客様で溢れたら従業員も皆幸せになれるのか?を考えてみてください。

今さら聞けない「ペルソナ」とは。意味やマーケティングでの活用方法、作り方も解説!

どういうお客様に集まってもらいたいのか?を明確にする上で上記サイトをぜひご参照ください。

とてもわかりやすくまとまっています。

理想のお客様(ペルソナ)がきまったら、どんな口コミだったら来店してくれるのか?を検討します。

先に紹介した「口コミの設計」です。

口コミ集客というのは、偶発的なものではなく設計することで1件の口コミの価値は高まっていきます。

もちろん理想的な口コミを書いてくれなくて悩むこともありますし、依頼をして断られることもあります。

理想的な口コミが書かれない→作り込みが甘い、インパクトが薄い

口コミ依頼をしても書いてもらえない→サイレントクレームの可能性あり

と、このように自己評価をして改善すれば確実に件数は増えていきます。

口コミ集客に力を入れると単純にお客様が集まるだけではなく、店内のエラー(ストレス)も劇的に減ります。

お客様に愛される店を作りたい!という方はぜひ口コミ集客に力を入れると良いです。

良くも悪くもお客様の評価が下されるので何をどうすれば良い店になるのかが明確にわかります。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。