販売員研修

接客研修にマナー研修を取り入れない理由

接客マナー研修の相談をいただく際のご回答

先日当社に接客研修についてのお問い合わせをいただきました。

Q 成田先生は接客マナー・接遇研修を受け付けておりますでしょうか。
当社新入社員(新人店長)にマナー研修をしたくご相談に乗っていただけますと幸いです。

と大変有り難いご連絡をいただいたのですが、残念ながら私はマナー研修をすることができないため、当社(私)パートナー講師(信頼しているプロ講師)をご紹介させていただきました。

これまでにも100回以上マナー研修・接遇研修の依頼をいただいているにもかかわらず自社(私自身)でやらないのか?

これには深い理由があります・・・私自身がマナーがないからです(笑)←冗談抜きで本音です。

もちろん販売検定2級・サービス接遇検定2級の資格を持っていたので基本的な敬語は人通り理解しています。

なのでマナーが必要ない!とは一ミリも思っていません。しかし、世の中には接遇のプロ研修をする元CAの研修講師などたくさんいますよね。

私がその土俵で戦ったから勝てるわけがありません。マナーが本職で最も必要なスキルの講師と、マナーはそこそこ販売力重視でファンを獲得してきた私とではクオリティは雲泥の差だし、今からその差を埋められるわけでもありません。

なのでパートナー講師に仕事を依頼しています。やはり自分の専門分野に集中することが大切ですよね。

あれもこれもそれも何でも屋になると「成田直人は何者なのか?」がぼやけてしまうのでやらないようにしています。私はあくまでも売上につながる・利益率が上がる・客単価アップになるような接客技術を提供することに集中しています。

ぜひ当社パートナー講師は元クレジットカード最上級クラスのカスタマーセンターでトップだった女性などがおります。(この時点で私が受けるべきではないことを自覚しました)

私がコーディネートをしますので気軽にお問い合わせください。

トップセールスへの階段の土台こそが接客マナーである

先に説明した通り接遇研修・接客マナー研修は必須です。

私は接遇研修や接客マナーの目的を「顧客にマイナスイメージを与えないこと」と定義しています。

商品やサービスを売るためではなく、そもそも商品やサービスを販売する土台に立たせていただくために接遇研修・接客マナー研修を受けるイメージでいます。

私は、基本的な接客マナーが習得された状態で研修をしています。顧客を不快にさせない接客の基礎があってこそファン化に導く接客ができるようになるのです。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。