店長研修

お金をかけて顧客が集まる時代じゃない(店長研修)

店舗集客の柱は広告から評判へ変わった

これまでの集客はチラシやリスティング広告を使った集客がテッパンでした。

もちろん今でも業界によっては主流の集客方法ではありますが、顧客の獲得単価が上がり続けていることを無視することはできません。すでに市場的にも限界がきているなと思います。

特に美容系・飲食系・マッサージをはじめとした施術系です。

当社クライアントもはじめはチラシやリスティング広告を使いながら集客をしていたのですが、顧客の獲得単価が2倍になりコスト高で利益が出なくなり他に良い方法はないか・・・と悩んでいたところ当社クライアントから紹介を受けて相談に乗りました。

結果、半年間の支援で広告費はほぼゼロになり、親和性の高いお客様に溢れて離職率も下がる結果となりました。

どうやったのか?

新規集客を口コミにシフトしました。本当にこれだけです。

広告集客の一番の難点はお金がかかるにもかかわらず質の低い顧客を集客することになる可能性が高いという点です。

たまたま広告を目にして来店をしているので店舗との親和性はほぼゼロです。当然ながら広告を見て来店をするのでセール品を中心に選ぶし、客単価は低くなります。

やはり”ディスカウント”という餌で釣る集客はこの時代には得策ではないと痛感しています。

さらに安いで来店を促すとライバルと実店舗だけではなく、オンラインショッピングも対象となるため勝ち目はありません。

ガリガリがマッチョに勝負を挑むくらい勝率は低くなります。

店舗集客はリピートになる顧客を集める方法を模索せよ!

「これまでどういうお客様が一番リピーターになりましたか?」

という質問をクライアントに投げかけるようにしています。あなたの会社(店舗)はいかがでしょうか。

「友人・家族の紹介」「ネットで調べてこられたお客様」などさまざまです。

この質問をして共通点があったのが「ネットで調べてこられたお客様」です。

広告を目にするのでもなく自身でネットで情報収集して来店するお客様がリピーターになるのか・・・ということはオンライン上で多くの人の目に止まる状況を作ればいいのか?たしかにそうです。

しかし、それが広告ではなく顧客からの感想や評価で溢れていることが重要なのです。

それこそクチコミサイト・個人ブログ・まとめサイト、などです。

こう言った媒体で取り上げられている、当たり前ですがプラスの評価が多い、というのが大切です。

お願いするのではなく顧客が自分の意思で取り上げる、口コミを書く、というのがポイントです。

どうやったら書かれるのか?

これもよく聞かれる質問の一つなのですが、簡単です。

良い店を作れば良いのです。これに尽きます。

お客様が思わず口コミしたくなるような店を作れば良い、という話です。

「時間がかかる・・・」

「うちは人材不足で接客したくても業務に追われる・・・」

と敬遠するのであれば当社は力になれないですね。

当社(私)のノウハウは地道です。飛び道具は基本的にありません。(なぜなら販促寿命が短い・限定的だからです)

具体的な手順はクライアントにのみ公開しているので興味のある方はぜひお問い合わせください。

大まかな手順としては

①顧客の回遊プロセスを明確にする
入店挨拶→商品閲覧→お声かけ→商品提案・・・など
②各プロセスにどんなストレスがあるかを確認する
各プロセスに最低3つのストレスを書き出す
③解決策を明確にする
各ストレスの根本解決を事前に行う。できる限り仕組みで行うこと
④一手間を加えて感動を作り出す
店内に入ってすぐに感動する顧客はいません。小さな感動の積み重ねで感動を作り出す

とこのようにコンサルティングや研修を通してストレスのない店を作り、小さな感動を生み出す仕掛けをしてホンモノの良い店を作り上げます。

時間はかかりますが、効果は長続きます。理由はまだまだ即効性の高い販促に振り回されている経営者が多いからでしょうね。

ここまで読み進めてくださった方はぜひ問い合わせしていただきたいです。お待ちしています。

一緒にホンモノで長く愛され続ける店を作っていきましょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。